シンプルなエンベデッドマシンビジョンシステムを実現するBaslerの新型インターフェースBCON

Baslerが新たに開発したBCONは、LVDS製品に接続して信頼性の高いデータ転送を行うインターフェースです。Basler dartシリーズに初めて搭載されたこの新型インターフェースは、取り付け作業を最大限まで簡易化することで、次世代の画像処理を可能にするだけでなく、最適なフロントエンドとマシンビジョンシステムを実現します。
BCON Interface Logo
新型インターフェースBCONを使用することで、エンベデッドシステムを取り扱う企業やそのエンジニアは、難しい要件にも簡単に対応できます。BCONがあれば、マシンビジョンをエンベデッドプロセッサーに簡単に取り付けられます。また、この新型インターフェースは高い柔軟性と低コストを特徴としており、最も効果的なエンベデッド画像処理システムを構築できます。

LVDS:Low Voltage Differential Signaling

BCONの安定した画像転送能力の基盤となっているLVDS
Low Voltage Differential Signaling(LVDS)とは、高速データ転送を行うインターフェース規格のことですが、画像転送プロトコルは設定されていません。Baslerでは、25年にわたってマシンビジョン業界に携わってきた経験を生かし、高速で信頼性の高いデータ転送を実現するシンプルなプロトコルを開発しました。その結果生まれたBCONインターフェースは、FPGA(Field Programmable Gate Array)ボードやSoC(System on Chip)などのLVDS製品に接続できる最高の柔軟性を有しており、幅広いシステムに対応し、各要件に合わせて調整もできることから、多くの用途に理想的です。また、デジタル画像処理の効率性を最大限に高めることで、マシンビジョンシステムの全体コスト削減にも貢献します。

フレキシブルフラットケーブルによる簡単接続

どんなシステム要件にもケーブル1本で対応できます
28ピン仕様のコネクターを採用しているため、FPGAやSoC(System on Chip)を搭載したエンベデッドシステムにカメラを取り付けられます。このフレキシブルフラットケーブルは、LVDSによる画像転送レーンを持つほか、信号の出入力や電源供給も行うことができます。さらに、pylon SDKを通じてカメラ設定を行う際に使用する標準化されたI²C対応レーンも備えています。BCONを使用することで、ケーブル1本でカメラを簡単にエンベデッドシステムに接続できます。フレキシブルフラットケーブルは、様々なサイズや技術仕様に対応したものをご用意していますので、お使いのシステムに合わせてシンプルかつ低コストで導入可能です。

pylon Camera Software Suite

使いやすいpylon SDKでカメラを簡単に設定できます
BCONを搭載したdartは、定評のある使いやすいpylon Camera Software Suiteも使用可能なほか、Linux(x86版)やARM社の各システムに対応しており、各用途に合わせて設定を行うプログラミングインターフェースも、USB3 Visionなどの他のインターフェースと同様のものを使用しています。このことから、USB対応のdartからBCON対応のdartへの移行も非常に簡単になっています。
また、GenICamに対応しているため、LinuxシステムのI²Cバスを通じてカメラの設定を行うことができます。必要なドライバーアダプターは、pylon上でサンプル用のソースコードとコンパイル済みバイナリファイルの形式で提供されています。pylonでは、新しいハードウェアアダプターとしてC APIを採用しており、ユーザー専用のI²Cアダプターを作成できます。pylonにあるサンプルを自身のアダプターコードのひな型とすることができるほか、コンパイル済みバイナリファイルをそのまま使用することも可能です。
pylonには実際に使用されているLVDS対応の画像取得用ハードウェアに関する情報がないため、画像データの転送についてはユーザー自身でロジックを作成する必要があります。別途新しいハードウェアアダプターのC APIを使用して、実際に使用されているハードウェアに合わせて画像を取得する方法もあります。このすることで、画像データの転送も含め、pylonを制限なくご使用いただけます。

Baslerのボードレベルカメラdart

エンベデッドシステムを使用する幅広いマシンビジョン用途向けに開発されたBaslerのボードレベルカメラdartでは、BCONをご利用いただけます。dartは、システムの構築・運用コストの削減に理想的なカメラシリーズです。BCONを搭載したdartは、特にエンベデッド基板での使用に最適で、撮影用のフロントエンドとマシンビジョンシステムを最大限まで簡易化できます。また、BCONを使用することで、エンベデッドシステムの開発者は追加の取り付けコストや作業なしで、dartから他モデルへの移行ができます。
BCONを搭載したdartの新モデルは、ボードレベルカメラというコンパクトなボディの中にBaslerの強力なカメラ内蔵型画像補正機能PGIを備えるなど、エンベデッドシステムの専門家も納得する多くのメリットを持っています。技術的な先駆者として国際的なインターフェース規格を25年にもわたってリードしてきた企業として、Baslerはマシンビジョンシステムの品質、性能、信頼性、効率性をお約束します。
dartには様々な仕様のモデルをご用意しており、レンズマウントのほか、解像度や速度などに合わせて各大手メーカーのセンサーをお選びいただけます。dartは、マシンビジョンシステムの性能の改善と全体コストの削減を通じて、お客様の競争力の向上に貢献します。

お問い合わせ

BCONやBCONを搭載したdartモデルに関してご不明点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。ご希望の要件にあったシステムをご提案させていただきます。
*
*
*
*
*

カメラ検索

製品を検索

BaslerのBCON搭載カメラdart

LVDS対応インターフェースBCONを搭載したボードレベルカメラdartについて、是非ご覧ください。
詳細はこちら

マーケティングノート:USB 3.0 vs LVDS対応インターフェースBCON

このマーケティングノートでは、エンベデッドビジョンシステム向けカメラインターフェースとしてUSB 3.0とLVDS対応インターフェースBCONを比較するとともに、それぞれの特性やメリットを検討しています。

Embedded Vision

Would you like to learn more about embedded vision technology?

Technical information
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。