pylon 5 Linux x86

Linux x86用pylon

簡単操作のSDKとドライバーやツールがセットになったソフトウェアパッケージpylon Camera Software Suiteがあれば、Windows、OS X、Linuxを搭載した一般的なコンピューターや組み込みシステムを通じて最新モデルも含めたすべてのBaslerカメラを操作し、その機能にスムーズにアクセスできます。

BaslerのLinux x86用pylonやその注意事項、その他関連文書はすべてこちらからダウンロードいただけます。

Linux x86用pylonの主な特長

  • BaslerのGigE・USB 3.0対応カメラに完全対応
  • BCON対応カメラの設定が可能
  • 32ビット、64ビット、x86のアーキテクチャーに対応
  • デスクトップコンピューターと組み込みシステムの両方で使用可能
現バージョンのLinux x86用pylonは、Linuxカーネルの現在あるすべてのバージョン(LSB 4.1:詳細については注意事項のファイルをご覧ください)でご使用いただけます。

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

このほど、Baslerは、業界初となるGenICam 3技術を使用したソフトウェアpylon 5 camera software suiteをリリースしました。

より速く:GenICam 3を使用することで、従来のバージョンのGenICamに比べてカメラが約4倍も速く起動するようになりました。

より小さく:従来のバージョンのGenICamと比べて、GenICam 3では必要なワーキングメモリー約半分で済みます。

特に組み込みシステムなどのパワーが低いシステムでは、これらの特性が大きな威力を発揮します。新しくなったGenICam 3は下位互換性にも優れており、既存のソフトウェアに対するコード修正が最小限で済むため、旧式のBaslerカメラをご使用の場合でもpylonの革新的な性能を実感していただけます。必要な変更の詳細については、pylon移行ガイドに記載されています。

より簡単に:コピーするだけの簡単なデプロイメント方法を新たに導入。pylon SDKで作成したプログラムであれば、ランタイムで必要なpylonファイルを対象システムにコピーするだけで使用可能なため、少ないリソースでpylonアプリケーションをエンドユーザーに再配布できます。また、コピーデプロイメントを行うことにより、他のメーカーが開発したGenICam対応のマシンビジョンソフトウェアパッケージと競合することなく、簡単かつスムーズにpylonをインストールできます。

組み込みシステム用ソフトウェアの開発もより簡単に

組み込みシステムはデスクトップシステムと比べてコストが大幅に低いため、ビジョン用途においてますます注目を集めています。しかし、組み込みシステム用ソフトウェアの開発は、通常のシステムと比べて複雑であることが多く、コストもかさみます。

組み込みシステムの開発作業を軽減するpylonがあれば、開発コストや組み込みにかかるコストを削減できます。

  • pylonは様々なOS(Windows、Mac OS X、Linux)やプロセッサーアーキテクチャー(x86、ARM)に対応している一方で、常に同じAPIを使用しているため、通常のコンピューターでアプリケーションを(プロトタイプ用など)を開発した後、コードを変更することなく、組み込みシステムなどの別のプラットフォームに移行できます。また、既存のデスクトップシステムで使用しているpylonのコードについても、簡単に組み込みシステム用に移行できます。
  • pylonでは、カメラインターフェースの種類(GigE、USBなど)にかかわらず、常に同じAPIを使用しているため、評価やプロトタイピングの段階では取り付けが簡単なプラグアンドプレイ対応のカメラ(dartのUSB3 Visionインターフェース対応モデルなど)を使用して開発を行い、組み込みシステムへの移行の際に他のインターフェースを搭載したカメラ(dartのBCONインターフェース対応モデルなど)に移行できます。移行の際のコード変更もわずか数行で済みます(必要な場合のみ)。

カメラ検索

製品を検索
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。