other software - picture with zero and ones

その他のソフトウェア

Baslerでは、Basler pylonカメラソフトウェアスイート以外のカメラ起動・実行用の追加ソフトウェアもご用意しています。

Camera Configuration Tool Plus (CCT+)

CCT+は、Basler sprint、Aシリーズ、Lシリーズ用のCamera Linkカメラのパラメータ変更用に設計されています。Basler aviator、Basler racer、Basler ace Camera Linkモデルには、Basler pylonドライバーパッケージをご利用ください。CCT+で設定可能なカメラの一覧は、リリースノートに掲載されています。
CCT+のインストールを開始する前にリリースノートをご確認ください。
古いバージョンのCCT+ソフトウェアからアップグレードする場合は、古いバージョンをアンインストールしてから新しいソフトウェアをインストールしてください。
CCT+は、32ビット版/64ビット版を問わずWindows XP、Windows Vista、Windows 7がインストールされているすべてのPC上で動作します。

CCT+ソフトウェアおよびリリースノートはこちらからダウンロードできます。

Baslerバイナリプロトコルライブラリ

Baslerバイナリプロトコルライブラリ(BBPL)は、Camera Link規格で定義されたclALLSerial/clSerial APIの拡張です。この機能によりBasler Camera Linkカメラのレジスターの読み取り・書き込みが可能となります。
BBPLはBasler aviatorカメラファミリーと組み合せて開発されたものですが、現行のCamera Linkモデル(ace、racer、sprint)や、初期のカメラシリーズ(A400k、L400k、L800k)でも使用できます。BBPLには初期モデルへの対応としてBaslerバイナリプロトコルIIが組み込まれていますが、その複雑さを意識することなく、極めて簡単に使用することができます。
ダウンロードしたプログラムを実行すると、通常のWindowsインストールルーチンが始まります。画面上の指示に従って進めば、インストール完了です。プログラミングサンプルとマニュアルはこちらから:[スタート] > [すべてのプログラム] > [Baslerビジョンテクノロジー] > [clBBProtocolライブラリ]

Baslerバイナリプロトコルライブラリ(BBPL)はこちらからダウンロードできます。

Basler IPカメラソフトウェア

Baslerでは、デバイス検出、IP設定、レンズ選択などを目的とした、弊社ネットワークカメラ用のソフトウェアツールを多数ご用意しています。

BIP Finderは、ネットワーク上のカメラを識別し、そのカメラのIP設定をするためのツールです。複数カメラのファームウェア一括更新も可能にします。
Basler IPカメラコントロールは、Internet ExplorerにインストールしてMJPEG、MPEG4、H.264形式のビデオをブラウザ内で直接表示できるようにするActiveXコントロールです。通常はカメラの初回起動時に起動されます。ファイアウォール設定などの要因で起動されない場合は、こちらからコントロールをダウンロードし、手動でインストールすることができます。
Baslerネットワークカメラ用ファームウェアはこちらからダウンロードできます。
BIP Calculatorは、あなた独自の用途に適したBasler IPカメラやレンズを探すお手伝いをします。このツールを使用すると、必要なネットワーク帯域幅とメモリ容量を見積もることもできます。

Basler ToFソフトウェア

Basler ToFカメラを操作するには、Basler ToFソフトウェアが必要です。Windows、Linux(x86)搭載システム対応のToFソフトウェアには、GigE Visionドライバーのほか、必要に応じてToFカメラの設定や調整が可能なBasler pylon Viewerがセットになっています。GenICam規格に準拠しているため、標準的なGenTLインターフェースを通じてカメラに接続可能。カメラのセットアップに使えるC ++やC #のサンプルコードも充実しています。ToFソフトウェアの詳細やバージョン情報については、リリースノートをご覧ください。

カメラ検索

製品を検索
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。