GigE対応カメラ

産業用画像処理で最も普及しているカメラインターフェースGigabit Ethernet(GigE)。こちらでは、GigEの特長やBaslerのGigEインターフェース搭載カメラについてご紹介します。
産業用画像処理で使用されているGigEは、2006年中頃に公式採用されたGigE Vision規格によって定義されたインターフェースです。GigE対応カメラには高速データ転送(100MB/秒)や最大ケーブル長100mなどの優れたメリットがあり、Gigabit Ethernetがデジタルインターフェースとして広く採用されることにつながっています。

従来のインターフェースとは異なり、GigEにはフレームグラバーが必要ないため、コストを大幅に削減することが可能です。このほか、GigEには複数のカメラを簡単に取り付けられるというメリットがあり、複数のカメラを使用するシステムの簡易化に貢献します。
しかも、Gigabit Ethernetインターフェースならケーブル1本で使用。PoE(Power over Ethernet)を搭載したGigE対応カメラなら、データケーブルから電源を供給できます。

Baslerでは、最新のCCDセンサーやCMOSセンサーを搭載したGigE対応カメラをご用意しています。

GigE Vision対応カメラ

Gigabit Ethernet規格によって定義された物理インターフェースを持つGigE Vision規格は、自動画像化協会(AIA)の下、マシンビジョン業界の複数の企業からなる委員会によって策定されました。Baslerはその開発過程において主導的役割を果たしました。

統一規格として業界を通じて標準化されているため、GigE Vision対応カメラはソフトウェアに変更を加えることなく新モデルに移行できるほか、ソフトウェアライブラリー上のあらゆる画像処理ソフトウェアを簡単に導入できます。

GigEインターフェースとGigE Vision規格の特長:

  • 最大100MB/秒の高速データ転送
  • ほぼすべてのコンピューターハードウェアに対応可能な標準インターフェース
  • システム構造を簡易化できるので複数のカメラの使用に最適
  • 長いケーブル長:最大100m
  • ケーブル1本で使用可能:データケーブルを通じてカメラに電源を供給(PoE:Power over Ethernet)
  • 既存のEthernet環境を活用可能
  • あらゆる画像処理用途(ライブラリー)において簡単に取り付け可能
  • Gigabit Ethernet規格、GigE Vision規格による高い統一性

Basler GigE対応カメラ

以下のBaslerカメラシリーズは、GigEインターフェースに対応しています。
 
 
お問い合わせ

ご不明点がある場合は、当社の営業チームまでいつでもお気軽にお問い合わせください。 

*
*
*
*
*

カメラ検索

製品を検索
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。