2016年11月15日

Basler初となる3Dカメラの量産を開始

業界初のVGA解像度に対応した中価格帯のToFカメラとして誕生したBasler Time-of-Flight(ToF)カメラは、本体を簡単に取り付けられるほか、ピクセルごとに奥行きデータを収集可能で、システム全体のコストも大幅に節約できます。

Basler初となる3Dカメラの量産を開始 このほど、産業用カメラメーカーとして業界をリードするBaslerは、自社初となる3Dカメラの量産を開始しました。パルス式Time-of-Flight法を利用して撮影を行うこのカメラは、近赤外線に対応したハイパワーな8つのLEDを備えており、範囲マップ、強度マップ、信頼性マップから構成される多視点画像を作成することにより、1回の撮影で2Dデータと3Dデータを同時に生成します。業界初のVGA解像度に対応した中価格帯のToFカメラとして誕生したBasler Time-of-Flight(ToF)カメラは、0mから13.3mの撮影範囲にある距離値を算出可能で、フレームレートは20fps、インターフェースには、一般的に使用されているGigEを採用しています。測定精度は、0.5mから5.8mの範囲でわずか±1cm。しかも、マルチチャンネル、HDRモード、外部トリガー、PTPなどの強力な機能を備えているため、複雑なシステムでも高速かつ簡単に撮影できます。

Baslerでプロダクトマネージャーを担当するJana Bartelsは、次のように説明しています。「3次元情報を利用することにより、奥行きデータを必要とする作業の簡易化が実現し、様々なメリットをフルに活用できるようになります。ほとんどの場合、3Dデータを生成するために複数の2Dカメラを設置したり、レーザーによる三角測量を行ったりしなくても、ToFカメラ1台で十分に求める結果を出すことができ、作業の効率性向上とシステム全体のコスト削減につながります。このほか、当社のToFカメラは他社のものよりも解像度が大幅に向上しており、価格も抑えられています」

Basler ToFカメラは、ロボット工学、産業オートメーション、物流、医療を含む幅広い分野のほか、拡張現実に関連する多くの作業にも使用されています。
注意:ほとんどのブラウザは4c画像を表示できないことに、注意してください。 画像を右クリックしてターゲットに名前を付けて保存する...を選択し、画像を使用しているPCにダウンロードして保存します。 後で、適切なプログラムを使用してこれを表示できます。
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。