2016年5月31日

              Time of Flightとは?

              2D画像のデータに基づいた産業用画像処理は、一定のコントラストが確保された平らな面の検査で威力を発揮します。しかし、さらなる自動化の推進に目を向け、全く新しい用途を開拓するために、3Dカメラシステムがますます使用されるようになってきました。その実例として、ロボットへの応用、人の追跡、ビンピッキング、物流の自動化などが挙げられます。

              Time-of-Flight法を使用した当社の3Dカメラは、光が移動するためにかかった時間に基づいて距離を測定します。では、Time-of-Flight(ToF)の精度やメリット、考慮すべきポイントは一体どうなっているのでしょうか?
               
              当社の最新のVision Campusビデオでは、これらを含めた様々な疑問に対してお答えしています。

              Time-of-Flight技術の詳細については、 当社の無料ホワイトペーパー「高解像度のTime-of-Flightカメラ」をご覧ください。 3次元技術を活用した用途の選択や開発に役立つ情報を掲載しています。

              Vision Campus では、USB 3.0インターフェース特有のメリットカメラ小型化のトレンドお使いのカメラに合ったレンズの選び方 など、マシンビジョンや一般的なビジョン技術に関して詳しく解説した記事やビデオをご提供しています。 是非ご覧ください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。