2016年12月13日

              Vision Campusの新着ビデオ:エンベデッドビジョンシステムとは?

              牛乳パックほどの大きさの産業用カメラや椅子としても使えるほど大きなコンピューターは、今や時代遅れです。確かに数年前まで、マシンビジョンシステムの構成機器はこのように大きなものでした。

              しかし、コンピューターが小さくなり、特定の用途で使用されているプロセッシングボードのように非常にコンパクトなものが登場する中、カメラの小型化も進んでおり、今ではシステムに直接取り付けられるハウジングのないカメラが市場に出回るようになっています。

              コンピューターとカメラの両方に見られるこれらの小型化の動きにより、非常に特殊な用途向けのビジョンシステムを低コストで構築できるようになりました。そして、このようなシステムのことをエンベデッドビジョンシステムと呼んでいます。

              このトピックの詳細については、Vision Campusの新しいビデオ「エンベデッドビジョンシステムとは?」をご覧ください。ビデオの中では、エンベデッドビジョンシステムの構造やメリット、使用用途などについて詳しくご紹介しています。

              Vision Campusでは、画像処理における適切な照明選びの重要性、CMOSセンサーが未来の技術と呼ばれている理由など、マシンビジョンや一般的なビジョン技術に関して詳しく解説した記事やビデオをご提供しています。この機会に是非ご覧ください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。