2014年2月20日

              「リアルタイム機能」が実際に意味していることと、リアルタイム機能が画像処理において果たしている役割とは?

              Real time Capability
              画像処理の世界では、産業用カメラおよびネットワークカメラ両方でリアルタイム機能が果たす重要な役割についての多くの例が見られます。製造管理分野からの1つの例は産業用カメラにとってのリアルタイム機能の重要性を明確にしています。

              製造プロセスで、部品はしばしばコンベヤーベルト上を高速で移動します。その場合、カメラが部品が移動するのと同じ速さで画像を記録できる場合にのみ正確な制御を達成することができることになります。なぜなら、それにより、製造装置の操作制御またはフィードバック制御などの制御機能の調査結果が、確実に利用可能になるためです。画像の品質に対する主要な影響の1つは待ち時間です。つまり、カメラの構成パーツ上でのトリガー信号の受信から画像の記録までの遅延で、これがより低い方がより好ましいことは言うまでもありません。さらに他方ではこの遅延は変動してはまずく、つまり画像の記録時にジッタ-の発生は避けなければなりません。高いフレームレート(300fpsなど)のアプリケーションについて考える場合は、待ち時間はマイクロ秒レベルまで抑える必要があります。

              この注目に値するトピックについての詳細は当社 テテクノロジーページ または Baslerセールスチーム またはお近くの Basler販売パートナーまでお問い合わせください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。