2014年11月5日

              最新世代のCMOSセンサーを搭載したモデルでaceファミリーを拡張

              最新世代のCMOSセンサーを搭載したモデルでaceファミリーを拡張
              Baslerは、Sony IMX174 CMOSセンサー、およびON Semiconductor PYTHONファミリーの5種類のセンサーを搭載した新しいモデルでaceポートフォリオを拡張しています。これらのカメラは最新のグローバルシャッター技術を採用しており、VGAから5メガピクセルまでの解像度に対応しています。新しいaceモデルは小型設計と大型で高性能のセンサーの組み合わせで、卓越したモデルとなっています。

              IMX174センサーを搭載した新しいBasler aceカメラは、高い量子効率、幅広いダイナミックレンジ、きわめて低いノイズといった魅力ある特徴を備えています。こうした特徴により、これらのカメラモデルは、CCDセンサーでしか実現できなかった極めて困難な証明状況でも非常に高い画質を実現するということをCMOSで可能としました。

              その他の特徴

              さらに、近日販売予定のON SemiconductorのパワフルなPYTHONセンサーを搭載した10種類の新しいaceモデルは、USB3 VisionやGigE Vision規格の帯域幅全体を毎秒最大800フレームのフレームレートで最適に生かします。また、グローバルシャッター技術やVGAから5メガピクセルまでの画素数、優れたコストパフォーマンスもaceモデルを特に魅力あるものにしています。

              Basler aceシリーズのプロダクトマネージャーであるJana Bartelsは次のように説明しています。「近年最も成功を収めたカメラシリーズであるBasler aceと、これらの非常に高性能なセンサーの組み合わせは実に申し分のないものです。当社の新しいaceモデルは高速できわめて高感度で、しかも小型・軽量です。このため、ファクトリーオートメーションを含めた数多くの要望レベルの高い用途でこのモデルを使用することができますが、輸送や物流業界、さらに顕微鏡や医療技術の分野でも使用が可能です。」

              詳細については、当社の営業チームまたは最寄りのBasler販売パートナーまでお問い合わせください。また、国際画像機器展(2014年12月3~5日) で当社のブースにお立ち寄りください。このフェアでは新しいaceモデルを展示する予定です。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。