2016年4月6日

              いよいよ始動: BaslerがToFカメラの量産に向けた準備を開始

              3Dカメラにより新たな可能性が広がっている中、産業用画像処理における3D技術が今まさに話題となっています。Time-of-Flight(ToF) 法を利用して撮影を行うBasler ToFカメラは、デザイン・インサンプルの提供を開始後、ますます注目を集めています。すでに多くのお客様にToFカメラをお試しいただいておりますが、テスト段階を通じて多くの新用途が見出されてきており、現在の3Dブームの拡大に貢献しています。

              3次元測定を活用することで、システムの簡易化が可能です。例えば、ほとんどの場合において、複数のカメラやレーザースキャナーを設置しなくても、ToFカメラ1台で十分に求める結果を出すことができるため、作業の効率性向上とシステム全体のコストの削減につながります。

              また、Basler ToFカメラは、業界初のVGA解像度に対応した中価格帯のToFカメラとなっています。

              Basler ToFカメラは、今年中旬の量産開始を予定しています。

              Basler ToFカメラやToF技術の詳細については、以下のイベントでもご紹介する予定です。

              Control Vision Talks 2016
              「高解像度の3D撮影に対応した手頃な価格のToFカメラ」
              2016年4月26日(火)午前10:00
              Control Trade Fairホール1・ブース1076(ドイツ・シュトゥットガルト)

               ドイツ技術者協会(VDI)技術会議: 産業用画像処理
              「主流になりつつある3D技術:魅力的な価格帯の高解像度ToFカメラ」
              2016年5月10日(火)午後5:15
              シュトゥットガルト・マリオット・ホテル・ジンデルフィンゲン(ドイツ・シュトゥットガルト)

              お使いの用途にToFカメラが適しているかどうかについては、当社のホワイトペーパー をご覧ください。ToF法に関して分かりやすく説明しているほか、ToFカメラシステムを構築する際に影響する可能性のある要素についてもご紹介しています。

              詳細については、当社ホームページのhttp://www.baslerweb.com/tofでもご覧いただけます。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。