2014年10月28日

              ファイバーの軽さ:軽量ファイバー複合構造のインライン品質保証に Basler pilot GigEカメラを使用

              ファイバーの軽さ:軽量ファイバー複合構造のインライン品質保証に Basler pilot GigEカメラを使用

              ファイバー測定システム(FMS)

              エネルギー消費を削減する一つの有効な方法は重量を低減することです。ファイバー複合材料の軽量構造は、省エネの面で従来の金属工学ではありえなかった新たな可能性を切り開いています。ファイバー複合材料は埋め込まれた基材と強化繊維で構成されています。これら2つの構成材料の組み合わせにより、材料は軽量でありながら高い耐久性を維持しています。

              アーヘン工科大学のマシン・ツールラボ(WZL)はファイバー測定システム(FMS)を開発しました。これはロボットベースのセンサーシステムで、その一部としてBasler pilotカメラが重要な役割を果たしています。このデバイスは、繊維強化プラスチックの生産中に工程中の繊維製品の製品欠陥を検出し、分類します。

              このためFMSは、繊維強化プラスチックの生産におけるプロセス最適化の重要な基盤となっており、品質保証の面で決定的なメリットを提供しています。

              アーヘン工科大学WZLの生産測定技術科のSarah Ekanayake理学修士は、「Basler pilotカメラは最高品質の画像を提供し、柔軟に構成できます。私たちがこのカメラを使用しているのはそのためです」と述べています。

              この用途の詳細については、当社の成功事例「Basler pilot GigEカメラを使用した軽量ファイバー複合構造のインライン品質保証」でご覧ください。

              以下のリンクをクリックすると、成功事例のページが開きます。ダウンロードエリアでもこの成功事例およびその他の興味深いドキュメントをご覧いただけます。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。