2016年3月29日

              未来をスマートに:インダストリー4.0における画像処理

              新しいズボンを買う時を想像してみてください。ほとんどの人が店舗に行き、SサイズからXLサイズの中から自分に合ったズボンを購入するかと思います。これは、アパレル業界の現状では、ズボンのサイズをSからXLまでの4種類に規定しており、決まったサイズの製品しか製造しないためです。こうして大量生産を通じて単価を低く抑えています。

              一方で、インダストリー4.0における衣料品の製造では、十分なデータを処理することにより、一人ひとりに合ったサイズの製品を提供することが可能です。この場合では、顧客が買いたい商品を決定した後、マシンビジョンシステムを通じて正確な寸法を測ります。例えば、四方の壁にカメラが付いた小さな試着室で身体を各方向から撮影するような形が考えられます。測定とその後の型紙の作成はソフトウェアが行います。そして、残りの製造から出荷に至るまでの作業も自動的に行われます。未来のアパレルメーカーは、膨大な商品を棚に並べてサービスを提供するのではなく、バーチャルな商品群の中から希望する商品を選んでもらい、迅速かつ信頼性の高い生産を行うようになるでしょう。

              ここでご説明したのは、インダストリー4.0における産業用カメラを活用した画像処理のほんの一例に過ぎません。当社のVision Campusの記事「未来をスマートに:インダストリー4.0における画像処理」では、産業用カメラで未来の生産工程を実現する方法について、その他の例や情報とともにご紹介しています。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。