2014年1月31日

              成功事例:OptoFidelityの測定装置はBasler Areaスキャンカメラを用いて研究開発プロセスを加速しています

              Basler Area Scan Cameras
              フィンランド企業のOptoFidelityは、研究開発段階を通じてユーザーインターフェースの待ち時間や反応時間を計測するための革新的な装置である「ウォッチドッグ」を開発しました。「ウォッチドッグ」の利用方法を簡単に説明します。例えば、テスト対象の2台のスマートフォンの内、どちらが速くボタンの押し下げに反応するでしょう?まず、1台目のスマートフォンを「ウォッチドッグ」下に設置します。「ウォッチドッグ」は製品を「観察」して、ボタンを押し下げた瞬間から実際の動作までの正確な応答時間を測定します。「ウォッチドッグ」に搭載されているBasler製カメラが測定装置の「目」の役割を果たしています。その後、2台目のスマートフォンでプロセスを繰り返して、応答時間を比較します。「ウォッチドッグ」とBasler製内臓カメラにより、従来の機器性能試験はもはや時代遅れなものとなりました。

              この用途についての詳細は、成功事例『Baslerエリアスキャンカメラ内蔵のOptoFidelity製測定装置でR&Dプロセスを加速する』をご覧ください。
              以下をクリックすると成功事例にリンクします。成功事例やその他資料はこちらからもご利用いただけますダウンロード.

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。