2016年7月7日

              新着成功事例:Basler Time-of-Flightカメラを搭載したインテリジェントフォークリフトが可能にするインダストリー4.0時代のスマート倉庫物流

              現在の無人運転車は、事前に設定されたルートしか走行せず、変化に対して柔軟に対応できません。障害物があっても避ける能力がないため緊急停止しかできず、移動したい物を予定した場所に正確に置かないと次の動作を行えません。
              これらの制約により、無人輸送システムの構築には多大な時間と費用がかかります。コストのかかるサポートがなくても自身で現在位置を特定するという人間が本来備えている能力を持つ機械を開発するため、インダストリー4.0では新しいアプローチに取り組んでいます。

              周囲の環境に基づいた現在位置の特定に関する研究プロジェクトの一環として開発されたインテリジェント無人フォークリフトは、事前に人間が施設内を案内することにより、周囲の環境のあらゆる情報を把握します。この「スマート」なフォークリフトにとって必要不可欠な構成機器となっているのが3台のBasler ToFカメラです。

              このトピックの詳細については、当社の最新の成功事例「Basler Time-of-Flightカメラを搭載したインテリジェントフォークリフトが可能にするインダストリー4.0時代のスマート倉庫物流」をご覧ください。当社ホームページのダウンロードページでは、このほかにも多数の成功事例やホワイトペーパー、マーケティングノートをご用意しています。 

              お使いの用途にToFカメラが適しているかどうかについては、当社のホワイトペーパーをご覧ください。ToF法に関して分かりやすく説明しているほか、ToFカメラシステムを構築する際に影響する可能性のある要素についてもご紹介しています。

              このほか、当社のVision Campusではインダストリー4.0における画像処理の役割に関する記事「未来をスマートに:インダストリー4.0における画像処理」も掲載しています。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。