2015年9月17日

              リテール用途特集:リテール業界で活躍するBaslerのカメラ

              Retail in Focus: Basler Cameras for Applications in the Retail Environment
              Baslerのカメラ.は、リテール関連の自動化システム使用されています。例えば、ATMでは、暗証番号の入力やお金の引き出しをカメラで監視することで、不正取引を防止し、セキュリティの強化につながっています。また、完全に自動化されたセルフレジでも、バーコードや商品の形状の読み取りにカメラが活用されており、スーパーマーケットでのレジ待ち行列の解消に貢献しています。自動回収機では、Baslerのカメラがボトルの分別表示や形状の認識に使用されています。さらに、キオスク端末や自動販売機でも、商品の正確な提供や効果的な顧客の認識、顧客への提案を行うために、多くのカメラが導入されています。

              このほかのリテール業界におけるBaslerカメラの幅広い用途として、認識と計数があります。お店やショッピングモールでは、店舗・施設の利用者数や顧客の動きを把握することが重要になっています。デジタルカメラは、商品を効果的に訴求するための陳列位置を決める際にも役立てられているほか、出入の監視や管理をより迅速に行うための自動顔認識にも使用されています。商品の物流では、手持の在庫に関する情報を把握することが重要ですが、ここでもカメラが活躍しており、スーパーマーケットでの陳列棚の空き具合の確認などに活用されています。

              リテール用途に最適なカメラシリーズとしてacedartpulse、そしてBaslerのネットワークカメラをおすすめします。これらのカメラは、単独でも使用できますし、お使いのシステムに取り付けることも可能です。
              Marcus-Michael Müller, Market Manager Retail at Basler
              BaslerのリテールマーケットマネージャーであるMarcus-Michael Müllerは、次のように話しています。「リテール関連の自動化システムでは、長期の使用にも耐えられる丈夫さとシステムへの取り付けやすさが特に重要になります。マシンビジョンカメラは、これらの要件を基本的にすべて満たしていることから、当社のこの分野における長年にわたる実績や総合的な技術サポートを通じて、リテール業界のお客様をご満足させることができると思います」

              Baslerのリテール用カメラの詳細については、当社ホームページのリテール用途に関する新設ページ をご覧ください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。