2015年12月8日

              新登場のBaslerカメラ内蔵型機能セットPGI

              人間の目に映るカラー画像の質を向上させるためには、画像処理中に多くの計算を行う必要があります。PGIの画像補正機能は5×5デベイヤリング、カラーアンチエイリアシング、シャープネスの向上、ノイズ除去で構成されており、それぞれの機能を使用することで、色の誤差を調整し、画像の細部に至るまで色忠実性を保つだけでなく、シャープネスの向上や画像ノイズの低減にもつながります。これらの画像データの前処理はすべてカメラの中で行われるため、コンピューターに計算負荷をかけることなく、リソースを他のタスクに回すことができます。

              当社のホワイトペーパーでは、PGIの個別の画像補正機能について詳細にご紹介しているほか、PGIを使用した場合と未使用の場合の画像処理のプロセスや結果を比較しています。
              PGI機能セットは、dartおよびpulseの全モデルで使用可能なほか、ソニー社製センサーPregiusシリーズまたはオン・セミコンダクター社製センサーPYTHONシリーズを搭載したaceの全モデルにも間もなく内蔵される予定です。 また、他のカメラモデルへの追加も計画中です。

              最新のホワイトペーパー「さらなる高画質を実現するBasler PGI」は、こちらからご覧いただけます。PGIの詳細については、www.baslerweb.com/PGIでもご確認いただけます。

              このほか、ダウンロードページでは他にも多くの資料をダウンロードいただけます。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。