2016年11月8日

              新登場:Baslerのエンベデッドビジョンシステム用開発キット

              このほど、産業用カメラメーカーのBaslerは、LVDS対応カメラモジュールをエンベデッドビジョンシステムに取り付ける際の複雑で時間のかかる作業を簡易化するBaslerエンベデッドビジョンシステム用PowerPackをリリースしました。この開発キットには、エンベデッドビジョンシステムに関する一連の開発を行う際にテンプレートとして使用できるハードウェアとソフトウェアのリファレンス実装が含まれており、LVDS対応インターフェースBCONを搭載したBaslerのカメラモジュールdartを対応するSoM(System-on-Module)に簡単に取り付けられるようになっています。

              Baslerエンベデッドエンベデッドビジョンシステム用PowerPackには、5メガピクセルの解像度を誇るBaslerのLVDS対応インターフェースBCON搭載カメラモジュールdartのほか、レンズやケーブルなどのアクセサリー、そしてザイリンクス社製SoC(System-on-Chip)Zynq®-7010を搭載したプロセッシングボードがセットになっています。さらに、Zynq®-7010を使用してFPGAによる撮影を行う方法やBCON搭載カメラモジュールdartをBasler pylon Camera Software Suiteに接続する方法を示したリファレンス実装も付属しています。このキットでは、pylon SDKを通じてカメラモジュールを制御、設定する方法について学べるため、カスタム開発にも便利です。

              Baslerでは、エンベデッドビジョンシステム関連製品としてUSB 3.0インターフェースやLVDS対応インターフェースBCONを搭載した各種カメラモジュールのほか、USBカメラdartとソフトウェア、構成機器がセットになった評価キットをご提供していますが、今回の開発キットが新たに加わることにより、製品ラインナップがさらに充実することになります。エンベデッドビジョンシステム用PowerPackは、Basler dartのBCON対応モデルとともに2017年初めに量産が開始される予定です。

              この開発キットの詳細やBaslerのその他のエンベデッドビジョンシステム用製品については、www.baslerweb.com/embeddedをご覧ください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。