2016年8月2日

              照明と画像処理:賢い選択から生まれる大きなメリット

              画像処理システムにおける照明は、カメラやセンサー、レンズ、ソフトウェアと並んで重要な役割を持っています。ほとんどの用途では、光の量や質の面で周辺光だけでは理想的とは言えないため、その代用として、適切な条件を構築(再構築)可能な人工照明が使用されます。画像処理の最初のプロセスである照明は 、画像として捉えるものやソフトウェアで検出できるものを左右する重要な要素です。最適な照明を構築することは、プログラミングや画像の分析にかかるコストの削減につながります 。また、多くの検査では、求められる結果を得るために適切な照明を使用することが必須条件となります。つまり、慎重な照明選びが画質や画像処理システム全体の効率性に直接影響するのです。

              お使いのビジョンシステムに合った照明を選ぶことは、決して難しいことではありません。

              画像処理における照明に関する当社のVision Campusの記事では、照明やお使いの用途に合った照明選びのポイントについて役立つ情報を掲載しています。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。