2016年3月2日

              猛禽類をヒントに開発:BaslerのUSB 3.0対応カメラaceを搭載した高性能交通監視システム

              世界の自動車の数が急増している今、重大事故や負傷につながる速度違反の増加に対応するため、高性能で信頼できる交通監視システムに対するニーズが高まっています。

              シンガポールでは現在、ドップラー効果を利用して速度を測定するLIDAR/RADARシステムが使用されていますが、このシステムにはいつくかの欠点が存在しています。その一つとして、大型車が動くことによって速度の測定精度に影響を与える現象が起こる可能性があります。さらに、速度計からのトリガーによってカメラで撮影された画像には、同時に複数台の車両が映っている場合がありますが、どの車両が速度超過をしているかを正確に特定する方法がありません。

              そこで、シンガポール国立大学のコントロール・シュミレーション研究グループは、信頼性の高い交通映像監視システム「Raptor Vision」を開発しました。このシステムは、遠い場所と近い場所を同時に見ることができる猛禽類の視覚構造をヒントに開発されたもので、その重要な構成機器としてBaslerのUSB 3.0対応カメラaceが使用されています。

              「Raptor Vision」システムの仕組みの詳細については、当社ホームページのダウンロードページにある成功事例「生き物をヒントに開発:BaslerのUSB 3.0対応カメラaceを搭載した遠距離交通監視システム」をご覧ください。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。