2015年9月21日

              Basler新着ホワイトペーパー: 顕微鏡検査に適したデジタルカメラを見つける方法と 選択する際に考慮すべきポイント

              New Basler White Paper
              顕微鏡検査用カメラは、医療研究や診断などの用途における画像処理に欠かせない存在です。

              デジタル顕微鏡検査システムにはどのような構成要素があるでしょうか。

              デジタル顕微鏡検査システムでは、顕微鏡本体、適切なレンズ、光源のほか、場合によっては、染色による観察またはコントラスト差による観察のどちらの手法を使用するかに応じてフィルターと偏光レンズが必要になります。

              さらに、最適な顕微鏡検査用カメラと画像処理ソフトウェアを決定する際には、この用途特有の要件を考慮に入れることが重要となります。

              デジタル顕微鏡検査用カメラは、画像データを活用することにより、顕微鏡画像を最適な方法で生成することができます。この画像データは記録、保存、表示、印刷、文書への埋め込みが可能です。そこから専用のPCソフトウェアを使用して、画像データを電子的に処理または分析します。デジタル顕微鏡検査用カメラで生成した画像は、簡単に大型モニターに表示でき、ライブデモや観察の目的で使用できます。

              詳細については、当社のホワイトペーパー『顕微鏡検査に適したデジタルカメラを見つけるには』をご覧ください。このホワイトペーパーでは、カメラを選択する際に考慮すべき様々なポイントについて説明しています。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。