2014年8月26日

              完全な円を実現: FCC PSがBasler ace GigEカメラを使用して真円円筒パイプを製造

              円筒形状の製品の直径と楕円率を連続制御するためのマシンビジョンシステム

              円筒形状の製品の直径と楕円率を連続制御するためのマシンビジョンシステム

              正しく製造されたパイプの断面は円形でなければなりません。しかし、真円度を実現するのはなかなかの快挙です。「円筒中空構造」として知られるこの種類のパイプは一般に流れ工程で連続生産されています。各部分の形状ができるだけ完璧に近いことを保証するには、断面形状を連続的に監視する必要があります。

              実際には、大きかったり小さかったり程度の差はありますが完璧な円筒形状から外れてしまうことは常に予測されます。この寸法誤差は「楕円率」と呼ばれています。製造ツールが磨耗すると、楕円率が増大し、パイプ断面が円形から楕円に変形しはじめます。FCC PSは、製造中の製品の楕円率を常時監視する検査ソリューションを開発しました。

              この検査ソリューションと、Basler ace GigEカメラがそこで果たす役割の詳細については、当社の成功事例「100%の生産品質:Basler ace GigEカメラによる円筒形プロファイルの直径と楕円率の連続制御」を参照してください

              以下のリンクをクリックすると、成功事例のページが開きます。ダウンロードエリアでもこの成功事例およびその他の興味深いドキュメントをご覧いただけます。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。