2016年3月4日

              Baslerがdartシリーズ向けに独自に開発した新型インターフェースBCON

              Baslerが独自に開発したLVDS製品に接続可能な新型インターフェースBCON。このインターフェースを使用することで、エンベデッドシステムの専門家は、難しい要件にも簡単に対応できます。 また、BCONは高い柔軟性と低コストを特徴としており、当社のボードレベルカメラシリーズdartと組み合わせることで、画像処理を最大限まで簡易化できるほか、エンベデッドマシンビジョン用途に最適なフロントエンドとマシンビジョンシステムを実現します。

              LVDSとは、Low Voltage Differential Signalingの略で、高速データ転送を行うインターフェース規格のことですが、画像転送プロトコルは設定されていません。 そこで威力を発揮するのはBCONです。BCONは信頼性のある画像データ転送が可能なほか、最新世代のFPGA(Field Programmable Gate Array)ボードやSoC(System on Chip)にも接続できる最高の柔軟性を有しています。

              また、BCONを搭載したBasler dartはエンベデッド基板に使用可能なので、エンベデッドシステムの開発者は追加の取り付けコストや作業なしで、dartから他モデルへの移行ができます 。

              Baslerのボードレベルカメラdartには最新のカメラ技術が使用されており、コストを抑えたデザインのほか、Baslerが誇る信頼性と品質を兼ね備えています。

              dartと新型インターフェースBCONの詳細については、baslerweb.com/BCON をご覧いただくか、当社の営業チーム またはお近くのBasler販売代理店 までお気軽にお問い合わせください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。