2015年9月8日

              「目に見えないもの」を可視化するBasler beat

              Basler beat – makes „the invisible“ visible
              新たに当社の製品ラインナップに加わったBasler beatは、細胞や組織分析のフルオートメーション設備などの細胞研究に最適。「目に見えないもの」を可視化し、細胞内のどんなに小さな構造でも捉えることができます。生物医学や薬学の研究(発生学、発生生物学、神経生物学、がん研究、化合物のスクリーニング‎など)、日常的な診断(病理診断など)では、短い時間で多くのサンプルの検査と評価を行う必要があります。Basler beatは、これらの分野でサンプルのデジタルスキャン に使用されており、作業工程の完全自動化や品質、効率性の向上につながっています。

              Basler beatの特長

              Basler beatは、非常に感度の高いCMOSセンサー「CMV 12000」を採用し、インターフェースにCamera Linkを使用することで、12メガピセルの高解像度と62fpsを超えるフレームレートを誇る高い画質を実現しています。顕微鏡画像を撮影する際には、細胞の欠陥を短時間で正確に特定する必要がありますが、Basler beatは高い速度、解像度、色忠実性を有しているだけでなく、照明時間を短縮し、サンプルを最大限保護できます。このほか、その最適化された設計と優れたコストパフォーマンスにより、自動化を行う際に柔軟にご使用いただけ、取り付けも簡単です。

              医療・ライフサイエンスにおけるデジタルカメラ技術

              最新の画像処理技術は、医薬、医療、ライフサイエンスの分野において、必要不可欠なものとなっています。デジタル画像の取得・処理は、病気の検査、分析、診断など幅広い用途に使用できる可能性があります。また、デジタルカメラ技術は、様々な治療方法をサポートしているだけでなく、信頼性の高い経過観察も可能にしています。科学実験や医学診断用の実験に使用するためには、最高の性能を持ったカメラが必要となりますが、Basler beatはその高い速度、解像度、信頼性、精度、そして最高の画質により、分析の再現性とサンプルのスループットを向上させることができます。

              個別のご相談については、当社の営業チームまたはお近くのBasler販売代理店までお気軽にお問い合わせください。

                RSSフィード

                BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
                RSSニュースフィード
                 
                次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。