2015年10月28日

              鮮明な3D画像による生細胞の観察を可能にしたBaslerのUSB 3.0対応カメラace

              Nanolive’s microscope, the 3D Cell Explorer
              スイスのスタートアップ企業Nanolive社は、3D Cell Explorerを使用することで、科学者が化学薬品やマーカーを使用しなくても細胞を3D画像で観察できる方法を業界で初めて開発しました。今まで観察できなかった細胞内の世界を鮮明に表示することができるこの革新的な顕微鏡には2つの特長があります。一つ目は多大な時間がかかる準備が必要ないということ。そして、二つ目は細胞を一切傷つけないため方法を使用しているため、観察の過程で細胞が損傷することがないということです。

              Nanolive社は、3D Cell Explorerに適したカメラを検討していた際に、Baslerの現地販売代理店である富士フイルム社にお問い合わせをくださいました。カメラの選定から取り付けにいたるまでの富士フイルム社の丁寧な対応とBaslerカメラに関するこれまでの実績により、Nanolive社には最終的にBaslerのUSB 3.0対応カメラ「ace」をお選びいただきました。

              3D Cell Explorerには光量が少ない環境での撮影を可能にする技術が使用されており、顕微鏡の内部にBaslerのUSB 3.0対応カメラace(acA2000-165umモデル)が搭載されています。このカメラでは、サンプルを透過した光と参照光を重ね合わせることでホログラムを生成します。

              詳細については、当社の成功事例『生命の内側に迫るNanolive社の顕微鏡「3D Cell Explorer」とBaslerのUSB3.0対応カメラace』をご覧ください。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。