2014年10月22日

              Basler ace GigEカメラで、変圧器と電動機で使用される方向性電磁鋼の生産工程を改善

              表面スキャンシステム

              表面スキャンシステム

              方向性電磁鋼は、変圧器や電動機など重要な電気コンポーネントで使用されています。電気鋼板は変圧器の磁心などの装置で使用するために束にまとめられています。電気鋼は、電磁流量のサイズや均一性を含めた特定の磁気特性を持つように生産されるタイプの鋼であり、エネルギー用途での使用に適しています。この鋼で望ましい生産品質を達成するには、精密な生産技術と厳しい品質管理が必要になります。

              方向性電磁鋼には、従来手作業による品質検査が行われていました。しかし、この方法には数多くの短所があるため、チェコの一流企業であるArgutec社も品質保証のために表面スキャンシステムの導入を決定しました。このシステムの「眼」として機能するカメラには、Basler aceカメラが採用されました。

              Argutec社の検査ソリューションと、Basler ace GigEカメラがどのようにその改善に役立っているかについては、当社の成功事例「Basler ace GigEカメラを使用した表面スキャンシステムによる生産工程の改善」で説明されています。

              以下のリンクをクリックすると、成功事例のページが開きます。ダウンロードエリアでもこの成功事例およびその他の興味深いドキュメントをご覧いただけます。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。