2015年6月22日

              ティアック社製多機能データレコーダーの指定機種として採用、Basler ace GigEカメラ – 新しい成功事例

              人間の記憶は時間とともに薄れる傾向があり、数時間または数日経過すると観察結果や経験を報告することが困難になります。この欠点を補い、多チャンネルでのデータ同時記録を実現するため、ティアック社では知的活動と分析に欠かせない情報を記録、保存、検索するための多機能データレコーダー開発に注力しています。

              このデータレコーダーには、同社の要件を理想的な形で満たすBaslerカメラが組み込まれています。コスト面でも最適化された設計の Basler aceシリーズが、最適のカメラとして採用されたのです。

              競争の激化するこの市場の主な課題と、Basler aceカメラを搭載したデータレコーダーの詳細については、「文書のダウンロード」から「ティアック社製高機能データレコーダーの指定機種として採用、Basler ace GigEカメラ」をご覧ください。

              RSSフィード

              BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届け致します。
              RSSニュースフィード
               
              次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。