料金徴収

多くの料金徴収システムでは、トランスポンダー技術を採用しています。現在、無線周波数識別(RFID)と専用狭域通信(DSRC)は、いずれも電子料金徴収の標準技術として、世界中で広く利用されています。どんなに特殊な作業を行う場合でも、セキュリティ上の理由と、不正通行車両を識別するために、これらのシステムでは共通してカメラが必要となります。

Basler aceは、特定業種向けだった産業用カメラを非産業用カメラとして低コストで提供できるようにし、業界に大きく貢献をしました。これにより、現在の料金徴収システムでは、自動ナンバープレート認識(ANPR)をはじめとする技術が一般的に使用されるようになりました。カメラを利用したANPRにより、映像を目で確認する必要がなくなります。このほか、ANPRは車両識別用のトランスポンダー技術に完全に取って代わる存在ともなっています。

代表的な用途:
  • フリーフロー型料金徴収
  • 通行料金徴収
  • 交通規制

料金徴収に最適なカメラシリーズ

Basler ace for tolling
Basler ace:柔軟性の高い小型モデル
  • 様々な解像度に対応する高感度センサー 
  • グローバルシャッター搭載のモノクロ、カラー、NIRモデル
  • 複数の関心領域(AOI)
  • シーケンサー取得モードによる様々な画像設定
Basler IP camera for tolling
Basler IPカメラ:フルHD対応のソニー社製IMX174センサー
  • マルチストリーミング(MJPEG/MPEG-4/H.264)
  • リアルタイムトリガー(MJPEG/YUV)で個別の静止画と動画の同時撮影が可能
  • グローバルシャッター
  • 高感度
お客様の料金徴収システムに合ったカメラ選びをお手伝いします。詳細については、
お気軽にお問い合わせください。

サポートはお任せください

ファクトリーオートメーション向けの製品に関するご質問がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

カメラセレクター

条件を入力して、適当なカメラモデルを検索できます。
カメラセレクター
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。