交通・輸送

現在のカメラは、高度道路交通システム(ITS)の「目」として、極めて厳しい条件下でも高画質の画像が撮影できるように最適化されています。高速撮影が必要な交通システムでは、グローバルシャッター技術を備えた感度の高いセンサーが求められています。そのため、短い露光時間でも鮮明な画像を撮影できるように、ピクセルサイズが大きいセンサーが主に使用されています。ナンバープレート認識(License Plate Recognition)や自動ナンバープレート認識(ANPR)のように現在の交通システムの技術革新が進む中で、画質の重要性がさらに高まっています。
交通システムは世界中に設置されているため、地域や用途に合わせてカスタマイズを行う必要があるほか、強力で多彩な機能と柔軟性も欠かせません。多くのプロジェクトでは、インフラによってカメラの種類が決まっています。例えば、交通規制を行う場合は、既存のセキュリティシステムに直接取り付ける必要があるため、IPカメラが主に使用されています。一方で、フリーフロー型料金徴収システムのような特殊な用途では、演算ユニットとカメラの緊密な組み合わせとリアルタイムの互換性が不可欠となるため、産業用カメラが最も多く選ばれています。

代表的な用途

当社では、産業用カメラ(マシンビジョン)・ネットワークカメラ(IPカメラ)製品を幅広く取り揃えており、どんなに特殊な用途でも、お客様の交通システムに合ったカメラが見つかります。
ANPR/LPR
ANPR/LPR
ナンバープレート認識は交通監視の中核技術として、様々な交通システムで利用されています。
BaslerのANPRシステム向けカメラの詳細についてはこちら

交通違反の取り締まり
交通違反の取り締まり
交通違反取締システムは、スピード違反や信号無視の取り締まり、車線変更違反の検知など幅広い用途に利用可能です。
Baslerの交通違反取締システム向けカメラの詳細についてはこちら

料金徴収
料金徴収
現在の料金徴収システムは、多くの場合で自動ナンバープレート認識技術を採用しており、フリーフロー型料金徴収や通行料金徴収、交通規制などに利用されています。
Baslerの料金徴収システム向けカメラの詳細についてはこちら

車載システム
車載システム
世界中の警察では、日常の職務をより効率的に行うために、カメラを搭載した車載システムを活用しています。
Baslerの車載システム向けカメラの詳細についてはこちら

監視・輸送
監視・輸送
監視・輸送システムでは、走行車両重量計測、車両識別、交通監視など幅広い用途で、主にIPカメラが使用されています。
Baslerの監視・輸送システム向けカメラの詳細についてはこちら

鉄道・道路
鉄道・道路
道路、鉄道、列車の点検システムでは、必要な保守作業の実施状況を確認して安全を確保するために、デジタルカメラが幅広く利用されています。
Baslerの鉄道・道路システム向けカメラの詳細についてはこちら

サポートはお任せください

ファクトリーオートメーション向けの製品に関するご質問がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

パンフレット―交通・輸送

交通・輸送用Baslerカメラ用に関するパンフレットはこちら。

カメラセレクター

条件を入力して、適当なカメラモデルを検索できます。
カメラセレクター
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。