農業用途

現在、多くの産業でオートメーションやロボット、ネットワーキングが広く利用されています。農業分野も例外ではありません。低コストで持続可能な新技術に対する需要が高まっている中、多くの自動化システムにおいて画像処理機器が重要な役割を果たしています。
その分かりやすい例として、作物栽培におけるマシンビジョン技術の活用が挙げられ、カメラを利用して苗床やビニールハウスで作物の成長を自動的に監視、分析しています。
もう一つの例として、畜産分野でもマシンビジョン技術が利用されており、カメラシステムが自動化プロセスの監視・分析に用いられ、コストの削減や効率性の向上にもつながっています。搾乳機(ミルカー)にはカメラが内蔵されており、光学センサーを利用して搾乳機の搾乳部を自動的に乳房に装着するため、人間による手作業が必要なく、システムを24時間365日稼働して効率性を高めることができます。また、全体的なデータを収集することにより、家畜の健康状態を監視し、必要な場合に対応することも可能になっています。
害虫防除や収穫管理には、ドローンなどの無人航空機(UAV)を利用できます。収穫ロボットは自動的に収穫を行い、トウモロコシや果物などの収穫効率を大幅に向上させます。また、カメラと専用ソフトウェアを利用して果物を正確に検出し、熟成度合いの分析やグリッパーアームによる作業をロボットで行うことができます。

農業用途に最適なカメラシリーズ

Basler ace
Basler ace:柔軟かつコンパクト
  • VGAから14MPまでの解像度に対応
  • 最大フレームレート750fps
  •  幅広いセンサーラインナップ:CCD、CMOS、近赤外線モデルをご用意
  •  ケーブル1本で使用可能:PoE対応GigE、PoCL対応Camera Link、USB 3.0の各インターフェースを採用
  • USB3 Vision、GigE Vision、Camera Linkの各規格により、最高レベルの安定性と柔軟性を実現
Basler aceシリーズの詳細はこちら
Basler dart
Basler dart:リーズナブルで高性能
  • コンパクトなボディで取り付け簡単
  • ボードレベルモデルもご用意
  • Windows、Linuxのほか、ARM社の各プラットフォームにも対応
  • 3年を超える耐用性、3年間保証付き
Basler dartシリーズの詳細はこちら
農業用途に最適なBaslerカメラをご提案いたします。詳細については、お気軽にお問い合わせください。

サポートはお任せください

ファクトリーオートメーション向けの製品に関するご質問がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

カメラセレクター

条件を入力して、適当なカメラモデルを検索できます。
カメラセレクター

BaslerのLVDS対応インターフェースBCON

LVDS対応のエンベデッドマシンビジョンシステムにご使用いただけるBasler独自のインターフェース
詳細はこちら
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。