Basler quality - bare board with sensor

Baslerの品質

Baslerでは、お客様からの信頼が最も重要な資産であると考えています。お客様のための革新の精神と高い技術力、サービスの品質。これらがこの高い信頼を頂くためにとても重要です。そしてさらに最も重要な要因として、2つの生産施設で厳格に定めている製造および品質保証のプロセスがあります。

他に類を見ない広範な品質保証対策を採用し、信頼の製品性能と高い顧客満足度を実現しています。 ここで、当社の製造プロセスにおける品質への取り組みをご紹介しましょう。
当社では製造プロセスの多くの工程において、様々な品質対策を行っています。LEAN(リーン)生産方式を採用することで工数、エラー、コストを削減。圧倒的なコストパフォーマンスを誇る高品質なカメラを生産しています。当社の実施する対策について、さらに詳しくご紹介しましょう。

品質管理

Baslerでは長年にわたって「改善」メソッドを採用し、継続的なプロセス改善に取り組んでいます。従業員の創造性を注ぎ込んで材料と人件費の無駄を削減し、可能な限りスリムな製造工程を実現するとともに、エラーを根絶します。LEAN(リーン)生産によって省かれた無駄は、そのままお客様の利益となります。Basler aceなどの画期的なカメラが誇る優れたコストパフォーマンスは、その証のひとつです。同様にトヨタ生産方式の要素を採用し、ビジネスにいっそうの効率化をもたらします。製造チームは毎週会議を行い、設定されたKPI(重要業績評価指標)の進捗状況を評価するとともに、改善すべき新たな重点分野を選び出します。こうした取り組みの結果、例えばこの5年間で完成品カメラの平均月産は4倍になり、2年間で従業員一人ひとりの生産性が2倍になりました。

カメラ生産の品質

基板生産
基板生産には3つの工程があります。はんだペースト印刷、ピックアンドプレイス、リフロー炉でのはんだ付けです。Baslerは基板生産に統計的プロセス制御方式を採用。製造機械が最適なレベルで稼働し、それぞれの基板を自動的に光学検査します。基板の乾燥後、自己診断テストによって基板が正常に機能していることが確認されると、プロセスは終了。正常に機能していない基板は「基板修理担当」のもとへ送られ、修理されるか生産から除外されます。

カメラ組み立て
カメラ組み立てには複数の工程があります。各工程はクリーンな環境で行われます。カメラテストツールによって全自動テストが実行され、ファームウェアがロードされた後、カメラの調整と全重要パラメータのチェックが行われます。さらに別の自動テスト(ATS)でセンサーの配置を確認。こうしたテストはBaslerカメラのプラットフォームごとにカスタマイズされています。その後、カメラモデルに合わせた特別な温度範囲テストが行われます。

EMVA規格カメラ特性評価

EMVA規格に基づいたカメラの特性評価が製造工程の最後に行われ、工場出荷後の一貫した性能を保証します。スペクトル感度、色彩、SN比などの性能特性をカバーするEMVA規格1288に基づいたテストや当社データシートの比較性能データは、カメラを選定のご検討にもご利用いただけます。

100%テスト済みの品質基準

Basler 3 Year Warranty Logo
当社が製造するすべてのカメラとレンズは、工場出荷前に総合的な機械、電気、光学テストと、精密な較正を受けます。カメラテストの結果はすべてデータベースに保存されます。これにより、テスト結果の追跡可能性と、製造するカメラ一台一台の一貫した品質が保証され、お客様のシステムで本来の性能を発揮できるのです。当社がビジョン業界向けに自信を持って3年保証を提供しているのもこのためです。

パンフレット「Baslerの品質管理

このパンフレットでは、カメラを生産する際の品質管理についてご覧いただけます。
ダウンロード

お問い合わせ先

Basler AG, ドイツ、本社
Tel. +49 4102 4630
Basler所在地
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。